オービトロンの知的財産権取得のお知らせ

当社では、オービトロン製品の知的財産の権利化について2016年7月より取り組んで参りましたが、2019年の年末までの期間に、申請した8件の特許がすべて権利化できたことをご報告いたします。また、国際特許においても申請をしており、既に権利化された特許もあります。

オービトロンの効果や構造の権利化については、当初は特許に詳しい専門家の方々に非常に困難と言われてきました。しかしながらBINGO特許事務所代表弁理士の備後氏、日本レプトン代表の山岡氏、プロレーシングライダーの中冨選手、オートバイチューナーであるAtelier dB代表の塚越氏をはじめ、様々な方のご協力の下、成し得ることが出来ました。ご協力いただいた方々には心から感謝いたしております。

これを機に、社会貢献のために社業に邁進するとともに、世の中を更に便利でワクワクするような楽しい世界にするべく、新しいアイデアや技術の開発に取り組んでいく所存です。

 

・特許第6362232号 放射線照射部材 平成30年7月6日

・特許第6362238号 車両用帯電電荷低減装置 平成30年7月6日

・特許第6362239号 輸送期間用帯電電荷低減部材及び輸送機関 平成30年7月6日

・特許第6485797号 放射線照射構造並びに放射線発生層形成用組成物及びその使用方法 平成31年3月1日

・特許第6561387号 機能性ナノカーボン材料及びその製造装置、並びに潤滑油組成物及びその製造方法 令和1年8月2日

・特許第6579300号 バッテリーの使用時間向上部材 令和1年9月6日

・特許第6593913号 流体または粉粒体の圧送効率及び部品の滑り改善部材 令和1年10月4日

・特許第6624597号 帯電電荷低減装置及び部材 令和1年12月6日

 

2020年2月28日

株式会社ランドマスター   代表取締役 金光利久

 

 

*オービトロンとは、自動車やオートバイの静電気を中和・減少させることで、走行中のフリクションを低減する技術です。 車やバイクを 今よりもっとワクワク楽しく! ランドマスターは、静電気低減技術を使ったカスタムパーツ「オービトロン」の開発メーカーです。